プロフィール

国吉信人

Author:国吉信人
会社を辞めると同時に借金のことを妻にカミングアウト。
自己破産の手続きで弁護士事務所の扉を開き、現在債務整理の手続中。
元ミュージシャン、某大手レコード会社勤務も担当アーティストはまったく売れず。
退

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

僕がお金を借りた理由
社会に出て16年、その最初の年にアコムから50万円のお金を借りた。 時はバブル崩壊前夜。あれから16年後の僕はどうなったのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2.銀行カードローン
僕の借りた50万円をかばんにしまい、終業と共に京阪電車に揺られて京都へ帰る。
京橋駅から終点の出町柳駅まで特急で50分。
不動産屋へ残金47万円を支払って、めでたく新しい我が家を借りることができた。
アコムの人はとてもやさしくお金を貸してくれた。
それも大卒3ヶ月目の新社会人に月給の3倍以上ものお金を即金でだ。

僕の中でその時何かが崩れたのは確かだ。

当時の収支だ。
・給料158,000円(手取り)

・家賃70,000円
・共役費8,000円
・毎月の返済額20,000円
・食費他50,000円

・残10,000円

結局残10,000円と食費他の50,000円の6万が僕の自由に使える金額だ。
タバコも吸う。
飲みにも行く。
パチンコなんかにも行く。
デートでもお金が要る。だって僕は社会人だ。
そしてお決まりのパターンへ突入する。
まず、20,000円を返済して10,000円を借りると、結果的に10,000円だけ返すことと同じではないか、ということに気づく。
だから毎月そうすることで使える金が70,000円になる。

当時僕が使っていた銀行のキャッシュカードには50万のカードローンが勝手に付いている。
だから-50万までが僕のお金だ。
気がつけばその冬のボーナス時期までに?50万に到達していた。
しかし心配することはない。
ボーナスで50万入ってきた。
だからそれで返済し、また僕の口座にはお金がなくても50万円入っている。

そんな生活を続けていた。
但し、このまま会社員としてその会社で働いていれば、何も問題なく返済していた可能性は高い。

ところが僕の夢を現実にする事件が起きてしまったのだ。

当時活動していたバンドに東京のプロダクションから声がかかったのだ。
僕はすぐに会社を辞めた。
ところが、辞めたすぐ後にバンドは解散してしまう。
50万のカードローンも限度に達していた。
この時点で借金100万円。

それでも僕は思っていた。
借金なんてすぐに返せるさ。
そんな24歳の夏だ。
スポンサーサイト

テーマ:借金回想禄 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://blackmoney.blog63.fc2.com/tb.php/2-e43a73aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。