プロフィール

国吉信人

Author:国吉信人
会社を辞めると同時に借金のことを妻にカミングアウト。
自己破産の手続きで弁護士事務所の扉を開き、現在債務整理の手続中。
元ミュージシャン、某大手レコード会社勤務も担当アーティストはまったく売れず。
退

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

僕がお金を借りた理由
社会に出て16年、その最初の年にアコムから50万円のお金を借りた。 時はバブル崩壊前夜。あれから16年後の僕はどうなったのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5.夢の業界へ
1995年冬、僕は夢の業界へ就職することができた。
レコード会社の制作部だ。それも会社の現場トップだ。
とはいっても新しくできた会社には僕しかいない。

消費者金融への80万の借金はあったが夢と希望と挫折の5年間がここからスタートする。

給料はいくら欲しいかと聞かれたので、勇気をもって「20万円」といった。
ところがそれじゃ少ないから25万円くれるという。
14万円のフリーターが大出世だ!
これで借金も返済できる・・・。

初めての仕事は会ったこともない超有名なアーティストのライブ。
僕はそのライブの責任者だった。
誰も説明してくれないし、まったく理解できないがなんとか自ら名乗り出て事無きを得た。

京都から大阪へ通勤。
給料はまだまだ先だ。
とりあえず返済したばかりのアコムとアイフルのカードには合計2万円の余裕がある。
それを借りて通うことにしよう。

緊張の初日をなんとかやり過ごした。次の日は休み。
二日目の出勤の朝、阪神大震災が起こった。
今振り返るとその後の僕を暗示しているようだった。

2日後から出勤。管理者は僕だから誰も文句はいわない。
なんとなくまわりの別会社のスタッフたちがいることに気付き始めて、仕事らしくなってきた。

ある時僕の雇い主から電話があった。
今すぐスタジオに来い。
ダッシュでスタジオに向かう。
そこにいたのはある大物のアレンジャーだ。
彼のマネージメントをその場で任された僕は、
先日見に行かされたドームのライブでメンバーとしてステージ上にいたその彼と肩を並べて
誰もいないオフィスへ向かって歩いていた。

つい最近までフリーターだった僕は、
お金の価値も、自分の立場も何もわからず、理解できないままに
何百億と稼ぎ出す人たちの渦の中心にいた。

僕の周りには常に僕の横にいるアーティスト目指して、
大量の女の子達がサインを求めてやってくる。
時にはそれを得る為に体当たり的な無謀な計画を仕掛ける奴らもいる。

僕は憧れの世界で、会社のTOPとして彼らと対等、またはそれ以上の自分を演出しなければならなかった。
そんな生活の中で、自分の給料だけでは生活していけなくなっていた。

お金がなくなれば借金を繰り返し、気がつけば
アコム50万、
アイフル50万、
レイク50万

借金は150万円に膨らんでいたが、仕事は順調。
しかし馬鹿な僕は破滅へと向かっていた。

僕が30才になる春だった。
スポンサーサイト

テーマ:借金回想禄 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/11/03 09:22】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://blackmoney.blog63.fc2.com/tb.php/5-bdec6dbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2012/10/28 23:02】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。